Paradise Camp Fire

11月8日カリフォルニア州・パラダイスの山火事「キャンプファイヤー」

初めてこのブログで日本に関係ない話をします。この記事では私の故郷、カリフォルニア州北部にある「パラダイス」という町について書きます。

2018年11月8日に私の故郷で山火事が起きました。

たった数時間でパラダイスのおよそ95%が全焼。

発生場所である「キャンプクリークロード」という名前から、この山火事は「キャンプファイヤー」と呼ばれています。

日本時間、11月15日7時に私の実家が全焼したことを確認できました。上の写真は私の実家です。本当に燃えたとわかってもなんだかまだ信じられません。ショックです。

GoFundMeと言う募金サイトで実家のためにドネーションを集めています。ドネーションももちろん、シェアも大歓迎です。家族は無事に避難できたけど、帰る場所がない状態です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
m(_ _)m

募金サイトを見る

火事の詳細を書く前に、キャンプファイアーで被害にあった実家と家族のことを少し書こうと思います。

私の両親は30年前にパラダイスに家を買い、それから数年後、私はこの町の病院で生まれました。ですが、その病院はキャンプファイアーの被害に遭い、今はもうありません。

子供の頃の私は故郷への想いはそこまで強くありませんでした。むしろ、10代の頃は退屈で嫌いでした。 実家は小さな砂利道の突き当たりにあって、家の周りは大きな松の木がたくさんありました。今、残った数少ない家の写真を見ると、なぜこの町がパラダイスと呼ばれたかやっとわかった気がします。

最近仕事を引退した両親はこの家もこの町も大好きでした。

来月のクリスマスに、誠也(彼氏)を連れて実家に帰ることを何ヶ月も前から予定していて、すごく楽しみにしていました。彼に見せたい所がたくさんありました。会わせたい人もたくさんいました。私が生まれてから20年住んでいた町、私を育てた町、私の心の一部である町、好きな人に見せたかったです。

多分一番ショックだったのは、家を失ったことじゃなくて、好きな人に私の1番の思い出の場所を見せるチャンスを失ったと言うことだと思います。

来月カリフォルニアに行く予定は変わっていません。だけど、私達はどこで寝るか、何をするかはまだわかりません。行きたかった場所はもう全部なくなってしまいましたから。

お兄さん(上写真の中央)は住まいも職場も失って、シャツ一枚とポケットに入っているわずかなお金ぐらいしか残っていません。これからどうなるのか本人も定かではありません。

もちろん私達だけが被害にあっているわけではありません。パラダイス地区に住んでいた人全員が同じです。

幸い家族は無事に避難できました。 11月25日現在死者が85人になりました(行方不明者は249人)。カリフォルニア州の歴史の中でこんなに命を奪った山火事は初めてです。

今回の山火事はこれまでに約19,124軒の建物が全焼しました。

去年起こった過去最悪規模の山火事「Tubbs Fire」は5,643軒の建物が全焼しました。今回起こったパラダイスの「キャンプファイヤー」はその数を超え、カリフォルニア州で最も被害の大きい山火事になりました。

キャンプファイヤーによって約52,000人が避難して、避難所や親戚の家に滞在しています。 家が残った人でもいつ帰れるか今の所は誰もわかりません。

避難するのに火の中を通るしかなかったとの報告がたくさんありました。 車を捨てて走って避難したと言う報告もありました。車を持っていない人はスーパーなどの大きな駐車場に集まって助けを待ちました。

避難せずに残って自分たちの家を守ろうとした人も結構いたみたいだけど、火の動きが速すぎて殆ど助からなかったです。

(11月25日現在)今までにキャンプファイヤーは153,336エーカー(約620平方キロ)に広がり、11月25日に鎮圧されました。 キャンプファイヤーからの煙がサンフランシスコ(パラダイスから約300km)まで届いて世界で一番汚い空気だと言われていました。

元パラダイス小学校

老人ホームがあった場所に残ったのはこの車椅子だけ

アンティークショップも

レストランの「ブラックベアダイナー」の Bearadise (熊のパラダイス)も

協会も

高校生の頃のバイト先、20年使っていたスーパーも

中古車も

毎日沢山の火事の動画や写真がフェイスブックやツイッターにアップされていて、見るのが辛いです。

私の故郷に住んでいた人はみんなホームレスになってしまいました。

私には慰めてくれる優しい彼氏がいて良かったです。両親も沢山の優しい友達がいて本当に良かったです。

この山火事から奪われたものは全て「ただの物」だとも言えるが、そうじゃないです。

私にとっては物だけじゃない。私の故郷。私の歴史。幼い頃の私の全て。私にとってこの町は20年以上の思い出が詰まっています。

私達は決して故郷を忘れません。悲しいです。寂しいです。それでも前に進みます。もう戻ることはできません。

GoFundMeと言う募金サイトで実家のためにドネーションを集めています。ドネーションももちろん、シェアも大歓迎です。家族は無事に避難できたけど、帰る場所がない状態です。ご支援のほどよろしくお願い致します。
m(_ _)m

募金サイトを見る

ABOUT ME
Rose
Rose
An American girl writing about living and working in Japan. 日本在住のアメリカ人の女の子のブログ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です